一人暮らしの部屋で困るのは収納スペースが少ないことです。気持ちほどの収納スペースがあるだけでは、すべての荷物を収納するのが難しくなります。
だからといってこれ以上荷物は減らしたくないし、部屋にはたくさんの荷物を置きたくないということなのであれば、うまく収納をするしかありません。

収納テクニックを使ってうまく収納すれば、限られた収納スペースの中でうまく収納していくことが出来るでしょう。
収納テクニックの一つとしては、デッドスペースを上手に活用していく事です。
例えばトイレの天井部分にツッパリ棒をして棚を作れば、買い置きのトイレットペーパーや生理用品、掃除道具などを収納しておくことが出来るでしょう。

荷物が人目につくのが嫌なのであれば、目隠しで可愛い布を活用して、カーテンを作ることもできます。
同様に廊下部分にも同じように天井部分に収納のための棚を作ることが出来ますので、デッドスペースを探してみるといいでしょう。

一人暮らしを始めるときに家具を購入するのであれば、収納がついた家具を購入することもできます。
ベッドの下に収納がついているタイプを購入したり、収納がついていなかったとしても、収納スペースがある場合には、そこに収納を作るといいでしょう。

ソファーを購入するのであれば、座る部分に収納がついているタイプもあります。このタイプであれば、普段読まない本を入れておくこともできますので、いろいろなものを収納することもできます。

収納をうまくするためには、収納グッズを活用することでうまくまとめていけるでしょう。収納グッズは高いものを購入しなくても、100均などでも購入することが出来ますので、お金をかけずにすることが出来るのです。

部屋の中が散らかり放題になっていると、恋人を部屋に招くこともできません。しかしうまく収納してすっきりとしている部屋であれば、片づけ上手と思ってもらうことが出来、惚れ直してもらえそうです。