●壁や家具に「掛ける」収納
収納というとモノを入れこむ大きな箱のようなものを考えがちですが、今ある場所に「掛ける」という方法も立派な収納テクニック。壁や家具の側面などにフックをつけたり引っかけたりすれば、アウターや帽子などの洋服類の置き場所に。また、掛けるタイプのカゴやクリアポケットなど収納グッズを利用すれば、コスメや文具なども収納できます。
賃貸で壁に穴を開けるのをできるだけ避けたい人には、「壁美人」というホッチキスで止められる固定グッズもおすすめ。ホッチキスの跡なら、かなり小さいので原状復帰も簡単です。

●「見せる収納」にしない
インテリアとしてもおしゃれで人気の「見せる収納」。でもオープンシェルフや扉のない棚など、物が見える状態の収納は、実はとっても難易度が高いこと。そこにあるモノ自体がおしゃれだったり、置いてある量をかなり絞ったりしていないと、意外と散らかった印象になってしまいます。
逆に、扉がある収納ならば、ピチッと閉めておくだけでとりあえず視界はすっきり収まります。物持ちさんや、きれいに「飾る状態」を維持するのがなかなか大変!という人はそういった収納家具の方がおすすめです。

●なんでもカゴを作っておく
リビングなど、いろいろなモノが集まってきやすい部屋には、「なんでもカゴ」と作っておくというのも便利な収納テクニックです。こまごましたものや、まだアイロンかけていないからしまえない服など一時的なモノたちを、とりあえずしまっておく場所として設けておくと、来客時などの緊急手段になります。

●大きな収納家具を買わない
モノをしまうためには、たんすやポールハンガーなどなにかと収納家具が必要ですよね。スッキリしまいきれると部屋もきれいに収まりますが、その収納家具自体が大きすぎると、それを置いただけで空間が圧迫されてしまいます。
収納家具を選ぶときは、部屋に見合わないサイズでないことを要チェック。置いたあとでも空間にゆとりがあるくらい、少し控えめな物を選び、そこに入りきらないモノは、逆に手放せないか考えてみるくらいの方がいいかもしれません。