自宅や会社などで荷物が増えてしまった時、トランクルームや貸し倉庫を利用する人は少なくありません。トランクルームと貸し倉庫は同じものとして見られがちですが、実際には違いがあります。

貸し倉庫は住居の賃貸と同じ
ように考えられ、業者は倉庫で預かるものに対して責任を負う必要がない場合が多いです。その点を利用者は事前に知っておく必要があり、預けるものに対して自分でしっかりと管理することが重要です。

トランクルームを借りる際、利用者は業者と委託契約を交わす必要があります。トランクルームという呼び名は、倉庫業法によって国土交通省に営業用として倉庫の登録を行っている業者のみが使用を許されています。トランクルームの大きな特徴は、倉庫業法によって委託契約が行われることで、預かった荷物に対して業者は責任を負う立場となることです。

管理責任を全て自分が負わなければならない貸し金庫と比較すると、業者側が責任を持って預かってくれるトランクルームの方が安心して預けることができるといえます。個人で契約をしている人の多くは、家財道具や美術品などを預けることが多いです。また会社であれば、在庫品や書類などを預けることができ便利です。

トランクルームの業者は保管料を国土交通省へ届け出る必要があり、利用を検討する人に対しても営業場所のわかりやすい場所に保管料を提示することを定めています。このような取り決めによって、保管料に関するトラブルを回避することにつながっています。しかしながら近年ではトランクルームの数が増えたことによって、品質を問題視する声も上がっています。

利用する側にとってはどこが品質が良いのか悪いのか、判断することは難しいです。そのため、国土交通省が優良という認定を行うようになりました。設備に関する定められた基準に達している場合、優良という認定を受けることができます。利用する際はそこが優良なのかどうかを確認することが、数ある中から選択する基準となります。