自宅やオフィスに荷物をたくさん置けない時に、別に保管しておける場所があると大変助かります。保管用の別の場所を提供するサービスがありますので、それを利用するだけで問題を解決できますが、サービスにはトランクルームと貸し倉庫といった種類が存在します。

両者の違いについてですが、それぞれの特徴を見ていけばわかるようになっています。
まず、トランクルームについてです。国土交通省に営業倉庫の登録を済ませている倉庫業者が使うことができるサービス名です。

契約内容として、倉庫業者が荷物を預かる形で、保管するのが基本となります。倉庫業者が所有する倉庫や室内などに荷物を置いておく形になりますが、預けた荷物は営業時間内であれば自由に出し入れができるものの、その際に倉庫業者のスタッフが立ち会いで行わなければならないという決まりがあります。
月極の契約形態のものが多くなっているのが特徴です。

貸し倉庫のサービスの場合、国土交通省に対して営業倉庫の登録は不要です。運営会社には不動産会社などの土地や建物を取り扱う業者が多く、賃貸契約で利用します。空き地に設置された輸送用コンテナ内に保管するのが一般的です。

荷物の出し入れは基本的に自由です。保管場所の借り主になっている状態ですので、業者のスタッフが立ち会わなくても好きな時間帯にいつでも出し入れできます。
基本的な違いは以上のとおりです。貸し倉庫の方が自由度が高く、価格が安いというメリットを持っていますが、大切な荷物を預けるのであれば、トランクルームがおすすめです。

トランクルームは倉庫業者に保管責任があり、何かあった場合でも保証を受けられるメリットがあります。そのため、セキュリティ対策が高度に行われており、現金や宝飾品といったものも預けられる業者が存在するほど高品質なサービス内容です。

一方の貸し倉庫は自由度が高いものの、業者に保管責任がないため、貴重な品物以外を気軽に保管したい場合に限定するのが良いといえるでしょう。